解析ソフト
ダウンロードしたバイナリデータを解析するには、解析ソフトウェアが必要です。 ここでは、お勧めのソフトウェアについてご紹介します。
衛星データを使用するためのソフトウェア一覧

ソフトウェア名 作  成  者 関 連 情 報 計算機環境
WIM Wimsoft
  1. SeaWiFS, CZCS, MODIS-Terra, MODIS-Aqua, GLI, OCTS, NOAA AVHRR, MOS, AMSR-E, QuikSCAT, SSMI等のセンサデータに対応した衛星データ可視化、解析ソフトウェア。
Windows

SeaDAS NASA
  1. SeaWiFS、MODISデータ処理解析ソフトウェア
  2. NASAサイトからにて日本語マニュアルの入手が可能。
Macintosh UNIX Linux

GRASS GRASS Development Team
  1. 解析機能が多数ある。特にGIS機能が完備。 大阪市立大学のページにGRASSを用いた地理情報システム入門有り。
  2. 個人サイトであるが、GRASSの背景などが簡単に紹介されている。
  3. 頻繁にバージョンアップが出る。
  4. Unixベースで開発されたが、Linux、Windows、Mac上で動く。
  5. 日本では(株)オークニーがサンプルデータ、マニュアル等を同梱し販売。
UNIX
※Linux、Windows、Macで動作方法有り

HyperCube USACE
(U.S. Army Corps of Engineers)
  1. マルチスペクトル及びハイパースペクトルデータが解析できる。
  2. 詳細なマニュアルとサンプルデータがダウンロードできる。
Windows Macintosh

ENVI (有償) Research Systems
情報提供 : Exelis VIS 株式会社
 
  1. 様々なフォーマット・解析に対応。
  2. 多くのプラットホームで稼動し、IDLを使用してカスタマイズやプログラム作成が可能。
Windows
Macintosh
UNIX
Linux

ERDAS ViewFinder LGGM
(Leica Geosystems GIS & Mapping)
  1. TIFF~IMG変換が可能で16bitデータにも対応。
  2. 投影変換、画像強調等ができる。
  3. 大容量データ表示が可能。
Windows

ERDAS IMAGINE
(有償)
LGGM
(Leica Geosystems GIS & Mapping)
情報提供 : ESRIジャパン
  1. 様々なフォーマット・解析に対応。
  2. ArcGISとのデータ互換性が高い。
Windows
Solaris

IDL
(有償)
Research Systems
情報提供 : Exelis VIS 株式会社
  1. 汎用的な数値解析ソフトウェア。
  2. 多くのプラットホームで稼動し、
    作成したプログラムを無償で配布することが可能。
Windows
Macintosh
UNIX
Linux

Copyright (C) Ministry of the Environment・NPEC/CEARAC. All rights reserved.